よみがえる日本の神話
『まんが古事記』全7巻シリーズ
日本の神話の代表である「古事記」は、昔から誰もがお年寄りや両親から聞かされてきた最も親しみやすい物語であり、昔話の元祖ともいうべきものです。本会では、この中から現代の子どもたちに伝えたい代表的な物語を厳選し、わかりやすいまんがで再現しました。どのストーリーも勇気と希望に満ちた、躍動感あふれるものばかりです。
この機会にぜひ、お子様に日本昔話のルーツを聞かせてあげてはいかがでしょうか。

第1巻 あまのいわと

スサノオノミコトのいたずらが原因でアマテラスオオミカミは天岩戸に隠れてしまい、神の世界は暗闇となる。そこで多くの神様 たちが天岩戸からアマテラスオオミカミを引き戻そうと苦心する。

第2巻 やまたのおろち

旅に出たスサノオノミコトは、出雲国で毎年娘をひとりずつ捕えるというおそろしい大蛇の話を聞く。出雲国の平和を守るため、スサノオノミコトは作戦を企てて見事に大蛇を退治する。

第3巻 いなばのしろうさぎ

オオクニヌシノミコトが旅をしていると、泣いているうさぎに出会う。わけを聞くと、サメを騙した仕返しに毛をはがされてしまったという。優しい オオクニヌシノミコトは手当ての方法を教える。

第4巻 うみさちやまさち

兄のウミサチヒコの釣り針を借りて釣りをしていたヤマサチヒコは、針を海に落としてしまう。途方に暮れるヤマサチヒコの前に、シオヅチノカミが現われ、海の神様の所へ相談に行くよう教えられる。

第5巻 神武天皇

日向国にいたカムヤマトイワレヒコは、平和で豊かな国を造るため、東へ向けて旅立った。途中様々な妨害にあうが、多くの神様に助けられ、ついに最初の天皇となる。

第6巻 てんそんこうりん

まだ日本ができて間もない頃、アマテラスオオミカミは平和で豊かな国を造るため、孫のニニギノミコトを遣わすことにした。しかしすでにオオクニヌシノカミが国造りを始めており、どちらも譲らず話は簡単に進まない。

第7巻 くにうみ

イザナギノミコトとイザナミノミコトは、日本列島をつくり、たくさんの神々を生む。しかしイザナミは火の神を生んだ後、やけどをして亡くなってしまう。悲しみのあまりイザナギは、黄泉国までイザナミに会いに行く。
監修:神社本庁  体裁:B5判変型  作画:伊沢やすと
オールカラー20頁 「一般価格」1部200円 送料実費

Copyright (C) 全国神社保育団体連合会 All rights reserved.